2011年02月20日

フェブラリーS!

GTGT。

馬場が刻々変わっているという一番難しい状況です。
でも、この分だと良なんだろうなぁ、メインの頃には。
稍重になったダート2レースを見ると、複勝圏には追い込み以外満遍なく来ている印象。
ただ、どっちも勝ち馬が楽に抜け出しちゃった形なんですけどね……

まず川崎記念は考えません。
あれはフリオーソが順調なことを示しただけのレースですから、
メイショウタメトモの実績的裏付けにするにはあまりに弱い。

で、フリオーソって気分良く行かないと駄目な馬ですよね。服が汚れると拗ねる、みたいな(笑)
トランセンドとセイクリムズンに挟まれて、外からもつつき気味に来そうなマチカネニホンバレがいて……
ぶっちゃけると、よくある「勝つか飛ぶ」って奴を予想しますね。
メンバーの厚さははっきり言って現役マックスなんかではないです。
それでも「あれ?」をやらかすのがフリオーソだと思うんです。
結論から言うと特殊な意味を込めた◎。ズバリ「馬単頭付け」。
連複には要りません。勝たなければ掲示板の外にいます。

○、実質的な連軸にはダノンカモンを推します。
未完成期の良馬場マイルで1.35.5、前走が1400で1.23.2。
GTのペースに付いていけばもう少し詰められるでしょうし、何に付けても鞍上強化。
三浦も一時に比べれば多少は落ち着いてきたと思いますが、リスポリに替わるとねぇ……
双頭と目されているセイクリムズンは△。勢い随一は否定のしようもありませんが、
色々言っても1400までしか実績ないですからね。
こなせれば勝ちまであってもおかしくないので無印は危険すぎる。

▲にはマチカネニホンバレで行きます。絡まれたくない馬には大外はむしろプラスでしょう。
マイルは平気で1分35秒台連発してますから時計も平気かと。内を見ながら流れに乗って……ね。

芝組ではコスモファントムが比較的注目されてます。
確かにダートグレードでもそこそこ実績はありますけど、
マグニフィカに負けてパワーストラグルにちぎり捨てられるんですよね……
しかもスピードが生きそうな重馬場で。そして、以来砂走ってない。無理でしょ。

トランセンドは抑えて逃げることは絶対ない馬ですから、この時点で能力勝負な気もします。
ただ、戦績眺めてて非常に引っ掛かるポイントを発見してしまいました。
この馬、12番から外枠では4戦して全て馬券対象外です。
芝も混じってたり、まだ逃げスタイルが確立してないという注釈は付きますが気になります。
馬が増えすぎるのもイヤなので、重箱の隅をつついて切りましょう。

バーディバーディはねー、なんか時計の壁が意外に近い気がするんですよね。
叩き初戦でもない武蔵野Sで完敗してるのがどうも。マイルで1.36.5切ったこともないですし、
良ではあってもパサパサではなさそうな馬場、先述の通りトランセンドが引っ張るレースでそれはちょっと。

ダイショウジェット迷うわー(苦笑)
タイプ的に絶対2戦続けて好走すると思えないんだけど、なんかねー。
良で1.35.3の時計は魅力ですし。△。

馬単◎1着流し。馬連○軸で◎以外へ。3連複も◎軸の流しと○軸で◎以外へ。
タグ:競馬
posted by れさぱん at 01:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬

2011年02月14日

今週の回顧する

クイーンC
やっとまともに当たったねぇ(笑)

ホエールキャプチャはホントにキレが欲しいレースでは微妙に負けつつ、
パワーが要るレースで勝っていく感じなんじゃないでしょか。
ダンスファンタジアは色々注文付きそうな馬ですね。

京都記念
トゥザグローリー、昔の掛かりグセはどこへやら。なんだこの安定感。
そして別の意味でキャラに安定感が出たヒルノダムール。次は2着か3着か。
メイショウベルーガは京都の外は走る。でも天皇賞ルートへ行くならその間は無視。

……ダノンシャンティはまず大人しく走るようにならないと(苦笑)

共同通信杯
ダノンバラード無印で正解。
ラジオNIKKEI杯勝ってディープ産駒なんて条件揃えて3倍台ってことは
テレビとかの煽りほど信用されてなかったということでしょうね。そしてその通りでした。
ナカヤマナイトはよく切れました。あのペースで割と後ろだったのできついと思いましたが。
posted by れさぱん at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬

2011年02月13日

2/13のけいば

京都記念
京都芝の土曜の決着パターンをチェック。
先行決着の3レースは全部3歳戦、差し決着の1レースは超スローの上がり競馬と
なんだか参考するに当たってエクスキューズが多そうな構成です。
しかし超スローで差してこられるということは、
もしそうなれば上がりだけで勝負できるということでもありますね。

さて……とても速くなりそうにありません(笑)
2200でスタミナに自信がない馬はほとんどいないでしょうが、我先にって馬も全くいません。
ですが、上がり勝負に持ち込まれても自分に利がないビッグウィークは
逃げてもいいくらいの先行をするでしょうね。
ただ、連戦でノリにノって菊に届いたこの馬、休養明けはどうなんでしょ。
なにせ前回の休養明けが未勝利なんで参考になりゃしない。
中16週は気になるけど相手にしないのもどうかな……という曖昧なイメージ止まり。△。

それなりの間隔を取ったことでもう一つ引っ掛かるトゥザグローリー。
押せ押せが不安視された挙げ句の有馬激走だったわけで、
結果的に押せ押せ自体はこの馬にまずかったわけじゃない。
なら、ここで7週取ったことが逆にガス欠の発端にならんかということです。
1キロ増とかも微妙にありますしねぇ。
そういった要素を見ず戦績だけ見ると買わない要素がありませんが……
保留して他を詰めてみよう。

◎はヒルノダムール。2着の多さが示すようにどんなレースもそれなりに。
稍重の皐月賞も2着、重の新馬も2着でどうあってもそれなりにやってしまうタイプ。
なら日経新春杯2着から据え置きの56キロで特段の不利もなく、京都2200なら大外でも特に何も。
とにかく減点がない。大成はしませんが絡んでくる馬でしょう(笑)

○は差しに柔軟性があるメイショウベルーガ。
関東戦と距離不適を除けば常にメンバー中3位以内の脚を使える馬です。
両親はどっちも子供にキレ勝負させる馬ではありませんからパワーも心配ないでしょう。

▲は手戻りと再度の差し専念を期待してオウケンブルースリ。
そろそろしゃっきりさせないとつらいよね。賞金が去年の京都大賞典分しかないわけだし。

……うーん、トゥザグローリーは△で拾っとこう。
あと、遠征しなければなんだかんだ残ってるプロヴィナージュ。

馬連◎-○とそれぞれから流し。
3連複◎○2頭軸から流し。



共同通信杯
夜も降水確率50%出てるので劇的に馬場回復はないでしょう。
よくて「湿り気味の良」だと考えていきます。

今日の芝の脚質を見ると、クイーンCが差し寄りの決着でしたが
基本的に満遍なく来てる感じです(新馬・未勝利の逃げ残りはまあしょうがないよね(笑))。
この辺は拘りなく行けばいいでしょう。

明確に逃げそうな馬は不在。この時点で団子型スローの想定も充分可能です。
距離経験は1ハロン短い程度どうにかなってしまうかも。

オープンで33秒の脚を出している馬はただ1頭。なんとロビンフットです。
朝日杯でほぼケツにいながらさほどの脚を出せなかったのは非常に引っ掛かりますが……

やはり全6戦34.5秒未満で上がり、内5戦がメンバー3位以内の切れ味という
ナカヤマナイトをメンバー構成的に軸に据えたいです。
予想される展開なら、前目から脚を使うのが一番有利に決まっていますし。◎。

で、そのナカヤマに前走で勝ったベルシャザールも当然拾わなければ話がおかしい。
ネックがあるとすれば、数字的には目を見張るほどの脚を使った経験がないこと。
戦績的にも粘り込むタイプですので、こちらは馬場が頃合いに渋ったままの方がいい気がします。
……なんか楽勝するか5着って気がするんですが(苦笑)。▲だな。

サトノオーはどうなんでしょう。前走の末脚は大したことありませんが、
これはものすごい妨害食ってますから仕方がない。
ただ、1馬身ちょいまで詰め寄ってきたヴィジャイが
シンザン記念でボロ負けしてるのはなんか引っ掛かります……
1戦1勝の大物よりは2戦2勝で信用できますが、それでも△。

実績の割に数字が心許ないのがダノンバラード。
61.7秒のペースで34.7秒の差しって物足りなくないですか?
ベルシャザールは60.2秒の2番手から同じ上がり出してるんですよ?
それより過去の数字を見ても、見れば見るほど?マークが頭を回る。思い切って無印にします。

これなら前走をミスと捉えてディープサウンド拾った方が色々面白いと思うんすよ。
東京千八で勝ってますしそこで34.0で上がってナカヤマナイトに勝ってますし。
ベルシャザールより決め手はありそうなんでこっちを○に取ります。

なんかこれ、面白味考えたら、
ほんとにロビンフット買ってみてもいいんじゃないかなぁ。
京王杯でロビンフットの前にいた馬、かなり錚々たる連中ですし。
(グランプリボス・リアルインパクト・ライステラス)
△にしちゃえ。

ナカヤマナイトは末脚の割に勝ち切れないタチみたいなので単は無理です(笑)
馬連◎-○とそれぞれから流し。
3連複は軸にちょい穴目がいるので絞っていきます。◎○2頭軸流し。
タグ:競馬
posted by れさぱん at 01:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬

2011年02月11日

クイーンC。

京都と小倉は現時点で天候と馬場が発表されておりません。
つまり開催どうなるかまだ分からんということです。
東京も馬場どうなるか分かりませんし、
今週は「今後」を測りかねるレースが多くなってしまうかも知れませんね。

というわけでクイーンC。どうにも切れ味が活かせる馬場になりそうな気はしないんですがね……
良だったら東京新聞杯と同じ方法でまた穴を拾ってみたかったんですが、
それは止めた方がいい気がしてます。
(その場合ダンスファンタジアとラテアート。……全然穴じゃねぇ!(苦笑))

逃げ勝ってきた馬が割と多いので、流れが澱みきってよーいドンはないかなと思います。
過去5年、意外と先行馬が多く勝っていますが、そのレースは前後均等か後半が速い展開。
天気も考慮すると、明日はそんなレースにならないのではないでしょうか。
例の指数では高評価だったニシノステディーですが、展開と距離は歓迎できず、カット。

そしてやはりマイル経験は重要です。
最低でもマイルを走っている、連対していればボーナス、という見方ができます。
……あんまり絞る要素にならなかった、次、次(苦笑)

キレが少し殺される馬場は父クロフネにはプラスかなあ。
ということで、結局ベタですが◎ホエールキャプチャ。下手を打たねば包まれることもないでしょう。
「ダノンヨーヨーをやってくれるなよ」と伝えたい。

枠順が怖い(壁を作りやすいけど詰まったら……)ですが、
前走の一枚違う末脚は無視できず○ダンスファンタジア。クラストゥスが巧く捌けばもう一度突き抜ける?

ここで1頭捻り。東京マイル実績があり、かつ悪馬場でも実績のある馬。いました。
▲フレンチカクタス。該当するのはダンスファンタジア以外ではこれだけです。
内が速いメンバー構成ですから、外からすんなり乗れるのでは。
そのうちの△デルマドゥルガーはオープンマイル勝ちに敬意を表して。
あと1頭△マイネイサベル。いや、父系がトニービンの系譜なので府中なら……(笑)

馬連は◎-○と、それぞれから▲△に。3連複を◎・○それぞれから1頭軸流し。
タグ:競馬
posted by れさぱん at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬

2011年02月07日

今週の回顧

当たらないだけでなく、逆神にもなれない中途半端さ……

小倉大賞典
◎ナリタクリスタルはエンジン掛かったら時すでに遅しでした……
4角10番手からほんのちょっと押し上げたところでゴール。
つまり見せ場無し(苦笑)
先行してないと辛いという傾向の予想しか当たらなかった。

きさらぎ賞
1000メートル60秒の大逃げが決まった瞬間、
結果にノイズが混じることが決まってしまいました……(苦笑)
一応1-3-4着ではあるんですけどどれも人気サイドですから特に威張れもしませんねぇ。

東京新聞杯
かなりピンポイントで穴指定した△が2・4着、
▲が3着と折角絡んできたというのに肝心の勝ち馬がノーマーク。


なんか予想始めてから3着じゃなくて1か2着にヘンなのが絡んでくるんだよなぁ……
京都最終で馬連780円だけ取ってお茶を濁して終わりました(笑)


heartinlove.jpg
有賀冬の最新単行本心・淫・愛(ハート・イン・ラヴ)発売中。
オータムリーフで買うとなんか色々付いてくるっぽいですぜ
タグ:競馬
posted by れさぱん at 00:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬

2011年02月06日

2/6の競馬

きさらぎ賞
若駒戦は投げたくなります(苦笑)

えー、今日の京都芝は大体馬群の真ん中からちょっと前辺りの天国ですね。
一番後ろから来た連対馬は4角8番手(16頭)、
よっぽど飛び抜けていなければとても差せたもんじゃないということですね。

末のキレではオルフェーヴルが突出してます。
ただ、控えて切れるタイプなので馬場の傾向的には……?ですね。
エンジンは一枚上手なので届かずも連絡みはするでしょう。◎。

馬場的な理想に合致するのはトーセンラー。
4角3〜4番手から確実に34秒近辺の上がりを出してきている経歴は今の京都にぴったりです。
ヤネボーナスも加味して○。

ウインバリアシオンは前走がなければ対抗評価できたんですがねぇ……
で、前走でこれより上のコティリオン、そのコティリオンの前走で
より上だったギリギリヒーローがなんだか三すくみみたいな状態。
▲無しで△3頭にしちゃいたい状況です。

◎から馬連流し、点数手頃なので3連複は◎○△ボックス。


東京新聞杯
府中の今日の芝を振り返ります。4角15番手まで絡んでますね。こちらは末だけでも充分絡めそうです。
ただ、レース上がりが34秒になった3レース全てで逃げ馬が絡んでおり、
放置された逃げ馬は危険という見方も出来ます。

追い込める以上◎ダノンヨーヨーは言うまでもなさ過ぎるので、
怖い面がある逃げ馬を探してみます。

マイネルレーニアと、おおっと、シルポートがいます。戦績的にもどっちも譲りたくないでしょうねぇ。
……んー、だとすると遅くはならないでしょうか。
マイネルの方はマイルギリギリですし、これはペースメーカー止まりか。
シルポートもとうとう58キロ乗せられてしまいます。なんか引っ掛かりますね。
シルポートは速くても構わないタイプですが、頑張って△評価ですかねー。

ゴールスキーはインから立ち回るのが巧いようですね。4勝全部6番枠以内。
外には控える馬ばっかりなので詰まりそうもないですし。
ただ、先行から随一の切れ味で勝つ、みたいなレースが多いのが気に掛かります。
それってつまり、遅いペースの方が合ってるって意味にも思えますから。
レースは流れそうですし、◎が1番人気なので敢えて▲に下げます。

妙味を探して、○にはフラガラッハ。
東京マイルで連勝中とは、適性においてかなりのアドバンテージじゃありませんか。
前走は逃げ切りでしたが、ケツから33秒の脚使ったりも出来ますし。
……馬群嫌いなんじゃないかという心配はありますけど。

東京新聞杯って、なんかワケの分かんない馬が来るイメージありますよね(笑)
「最近メンバートップかつ33秒台の上がりを出した馬」という勝手なカテゴリを設け、
△にキングストリートとキャプテンベガを追加してしまいましょう。

馬連◎流し、3連複も◎流し。


有賀冬の最新単行本心・淫・愛(ハート・イン・ラヴ)発売中。
オータムリーフで買うとなんか色々付いてくるっぽいですぜ
タグ:競馬
posted by れさぱん at 02:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬

2011年02月05日

小倉大賞典

先週日曜の小倉の決まり手を見てみると、明らかに東京・京都より逃げ先行が強い。
2着なんて、4角10番手以降の馬が12レースで1頭しか来てませんから、
速いにしろ遅いにしろ、バカみたいなペースにならなければ後ろから飛んでくることはないでしょう。

脚質と、勢いの効きやすいローカルハンデ戦ということを配当とも重ね合わせると、
最右翼っぽく見えるのは斤量減・連勝中の○クレバートウショウでしょう。
ただ、ヤネが替わってるのがどう出るか。丸山は完全なテン乗りのようですしね。

ハナ候補はクレバートウショウとアンノルーチェ・シゲルタックですが、
いずれも自分の形としての逃げ馬ではないのが悩ましいところです。
ただ、1角までそんなにないんで一番内のシゲルタックが無難に先手を取るかなあと思います。
残りの2頭も普通に番手から競馬できますしね。
ただ、やっぱり直近2戦で逃げ・差しで勝っているクレバーに一日の長があるかと。

△アンノルーチェは非常にムラ馬。勝つかいなくなるタイプ。力通り走れば通用しそうですけども……
シゲルタックは重賞は家賃高いんじゃないかなぁ。

小倉はもちろん、京都の内回りなど小回り平坦でも堅実に差してくる◎ナリタクリスタルに
とても切り捨てる材料は見つかりません。
56据え置きは美味しいでしょ……トップハンデじゃないんですよ(笑)

▲はコスモセンサーにしましょう。ただ、もう一度カラダが減って出てくるのはあんまり良くない気も。
もし490切ったら馬券からも切ります。

あとは小倉の着度数から△バトルバニヤン。
準オープンで大外から先行して勝ったこともあるので14番枠もこなしてくれるのでは……3年前ですが(笑)
ヤネ強化を見込んで△リルダヴァルも追加。

馬連◎流し。3連複は◎○▲のうち2頭を軸としての流し(◎-○-▲込み)。


有賀冬の最新単行本心・淫・愛(ハート・イン・ラヴ)発売中。
オータムリーフで買うとなんか色々付いてくるっぽいですぜ
posted by れさぱん at 00:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬

2011年01月31日

1/30のうま

あーあーこんなもんだよ、ちくしょう。

ケイアイガーベラは見事に飛んで(笑)
まあ負けるなら綺麗にいなくなるという見立ては正しかったけど。
結局、セイクリムズンとダノンカモンは強いですね、
というだけのレースになっちゃいました。

京都の方は超スローにやられた。
それでも差し脚優先で馬を選んだんでほぼ合ってた……んだけど
ショウリュウムーンだけが誤算だった。
ハミをジェーンなんとかいうのに変えたらしいんですが、
それだけでここんとこの成績からこうも変わるのかと。
こういうのって、道具変えたら必ず好転するわけじゃないから難しいよね。
やっぱりダメだったってのよくあるから……


有賀冬の最新単行本心・淫・愛(ハート・イン・ラヴ)発売中。
オータムリーフで買うとなんか色々付いてくるっぽいですぜ。
タグ:競馬
posted by れさぱん at 01:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬

2011年01月30日

よそう(・ω・)

エントリのネタ、俺にはこれがあったじゃないか!
ということで唐突に競馬の予想を始めます(笑)
とある所にアップしてるのと内容は同じですが
(結構念入りに予想してるから別にやると大変なのよ(笑))

※根岸S
まずなんだかんだで気にしなければならないのはサクセスブロッケンの取捨でしょう。
で、どうもこの馬、戦績を見ると鉄砲はそこそこ走るけど2走ボケまくりみたいなんですよね。
それに従って明日は買いでフェブラリーは切りと明確に方向付けしてしまいましょう(笑)
もし明日こけたら、逆に仕上げ方を変えてきたのかも知れないと見て本番でも買う、と。

とは言え◎はケイアイガーベラしかないでしょう。
唯一の関東競馬で大コケしているものの自信の持てる1400mでもあり、
つまりは勝つか飛ぶかなのでアタマ固定出来ます。
○にサクセスブロッケン。

▲がむしろ実質的な連軸になりますが、これはセイクリムズンでしょうがないか。

だとしても、だ。近走いい馬が多すぎて困る。
ティアップワイルドとダノンカモンで△まで埋まってしまう。そしてこれじゃ何も面白くない。
……けどだめだ、どうこね回してもこの組み合わせになってしまう。

頑張って穴狙ってワンダーポデリオ?
この馬、後ろからぐいぐい来るのが形だから多少外でもいいような。


※カペラS
今回の同斤でもいい切れ味を出していたブロードストリートを◎に取るべきか。
過去を見ると、意外と「レース一番の上がり」を出してたことはあんまりないんですが。
ただ、現時点で4倍台の3頭はどれも決め手も致命傷もない感じなのでねぇ。
便宜的にヒカルアマランサスを○、アプリコットフィズを▲に。

大事なヒモ。うーん……サングレアズールとリビアーモかな。
大穴ベストロケーション行こうか(笑)
アグネスワルツは上がりタイムは適応できそうなんだけど、どう見ても狙われそう。


有賀冬の最新単行本心・淫・愛(ハート・イン・ラヴ)発売中。
オータムリーフで買うとなんか色々付いてくるっぽいですぜ。
タグ:競馬
posted by れさぱん at 02:03 | Comment(2) | TrackBack(0) | 競馬